セカンドライフを輝かせるために必要なことって?

by admin

「豆」がつく食材をしっかり食べましょう!

40代後半から50代の女性が避けて通れない更年期障害。閉経間近の女性が、女性ホルモンの減少によってさまざまな心身の不調に悩まされる症状で、何か良い改善方法はないかと悩まれている方も多いでしょう。まずは普段の食生活で女性ホルモンを多く含む食材をたくさん取り入れてみましょう。女性ホルモンに近いと言われている大豆イソフラボンを含む食材を多く取り入れることで、症状が軽減したという方もおられるようです。豆乳、納豆、豆腐・・・など「豆」と名がつく食材を毎日摂ることは、更年期障害を乗り切る一番手軽な方法かもしれませんね。


運動は毎日継続できることが肝心!

更年期障害を乗り越えるには、運動も効果的です。運動といっても、いきなり激しい運動を始めるのではなく、自宅で簡単にできるストレッチやスクワットなど筋力や体幹を鍛える運動から始めてみましょう。あまり負担のかからない運動を毎日継続することで、体温が上昇し基礎代謝も上がるので、女性ホルモンを分泌する卵巣も活動してくれるようになるようです。体を鍛えることは更年期障害を克服するだけでなく、スタイル維持などのアンチエイジング効果も期待できて、一石二鳥といえるでしょう。


一人で悩んで落ち込まないで!

更年期障害に打ち勝つ方法のひとつに、HRT(ホルモン補充療法)があります。更年期障害は病気ではないからといって放っておくと、将来的に動脈硬化や骨粗しょう症を引き起こすリスクも高まると言われています。症状がかなり激しく気分も落ち込みがちという方は、婦人科の外来でHRTについて相談してみてはどうでしょうか。どのタイミングで治療を始め、どの種類の薬を服用したらよいかなど、婦人科医から適切で細やかな指導をしてもらえるので、ホルモン補充療法はちょっと不安・・・という方もドクターとしっかり話をしたうで始めれば安心ですよね。日本人女性が世界一長寿であることは有名ですが、いつまでも健康で美しいセカンドライフを送るために、早いうちから少しずつ準備を始めていきたいですね。



巣鴨の婦人科は女性医師やスタッフが細かい部分まで丁寧に対応をしてくれるので、初めての診察も安心です。

Comments are closed.